施工手順

施工前 施工後

施工図はこちらからダウンロード出来ます。

  • 下地処理(LGS)

    ・軽量鉄骨(LGS)の上に石膏ボードを貼り付けます。
    ・下地材がモルタル面・フレキシブル板・ケイカル板の場合、全面にあらかじめプライマーを塗布してください。

  • 割付け

    ・下地材の目地と仕上げ材の目地が重ならないように、割付けてください。
    ・突きつけ施工はできません。必ず1mm以上の目地を取ってください。
    ・ジョイナーで施工する場合にも、必ずクリアランスを取ってください。

  • 切断加工

    ・切断は当木を用いて、必ず刃物を裏面から入れてください。(表面に保護フィルムが貼ってあります。)
    ・穴あけ・切り欠きは必ず6R(φ12)以上の刃物を用いて、表面からコーナー部に穴をあけてから行ってください。

  • 仮止めテープ貼付け

    ・仕上げ材の端部に接着剤を塗布するためのスペース30mmをあけて、仮止めの両面テープを貼り付けてください。
    ・両面テープの離型紙を剥がしてください。

  • 接着剤塗布

    ・面材に接着剤(変成シリコン系)を塗布してください。
     【推奨接着剤を参照】

  • 貼付け

    ・中央部に浮きが発生しないように注意して、仕上げ材を貼り付けてください。
    ・仮止めテープ部をしっかりと押さえてください。
     ※接着剤部を押さえると泣き別れて表面がヒケる恐れがあります。